president_photo.jpg


社団法人 笠間青年会議所
第47代理事長
杉田周平

【はじめに】

いま私たちの生活を取り巻く環境は、先行きの見えない経済情勢や日本国政治の混乱等とても複雑な課題が多く不安と不満に包まれています。また、様々な分野においての技術開発が革新的に進む一方で、情報収集の多様化により人と人との繋がりがどんどん希薄になっており、それによる許し難い痛ましい事件が相次いでおり、安心して暮らせる生活から遠ざかっていることを実感しています。このような時代の中で、私たちにできることは一体何があるのでしょうか。また、このような時代を生きる者として今、何を感じているでしょうか。地球に生きる人間、日本に生きる人間、そしてこの笠間市・桜川市に生きる人間として、この地域の為に、そして次代を担う若者やこれから生まれてくる子供達の為に、私たちには何ができるのでしょうか。私たち青年会議所はこのような混沌とした時代に生きる青年達の団体として、修練・奉仕・友情のJC三信条をもとに、これらの問題と向き合い、何を残し何を変えていかなくてはならないのかを感じとり、積極的な変化を創造していかなくてはなりません。

【個人の修練】

 青年会議所に入会した動機や環境は様々だと思いますが、目的の一つに自身の自己啓発の場と考えて入会したメンバーも多いのではないでしょうか。青年会議所運動を通して、メンバー自らが積極的な自己研鑽を行い、その力を個々の生活や職場で大いに発揮すること、またその力を集結して地域へ発信していくことが、青年会議所運動の本来の姿であると考えます。大きな事業を行うことを目標とする運動だけに捉われずに、積極的に所属する委員会への出席、毎月開催される例会への出席、そして対外事業への出席をする事により、必ず何かを感じることができるはずです。そして、このような場で得た「気づき」は決して無駄になることはなく、この積み重ねこそが、後に自身の大きな成長や変化につながるのではないかと私は考えます。「自分がやらなくても誰かがやってくれるだろう。」などと決して他人任せにするのではなく、仲間と一緒に楽しみながら事業に取り組んでいこうではありませんか。メンバー各々の参加意識の向上や活性化なくして自分自身の成長、そして「笠間JC」の継続的な発展は成し遂げられません。

【地域への奉仕】

 今年度、私たちは公益法人格取得に向けて全力で取り組んで参ります。私たちの活動や会計に対してより透明性、開示性が求められており各事業においては、今まで以上に「公益性」すなわち公共的に有益となりうる要素がとても重要になってきます。継続的に実施してきた事業においても、もう一度見直しをすると共に、私たちはしっかりとした「笠間JC」の未来のヴィジョンを描き、そして事業の柱となる目的をより明確に持つ必要があると言えます。私たち青年会議所としての進むべき方向を見失うことなく今一度、我々が目指すべき「公益性」とはどのようなことなのかをよく議論し、しっかりとした事業を計画してまいりましょう。こうした中から生まれてきた事業を展開していくこと、そして市民、行政、企業とのネットワークを最大限に生かして地
域へ強く広く発信していくことが、本当の意味での地域に根ざした青年会議所運動、そして地域から必要とされる青年会議所に結び付いていくはずです。

【メンバー間の友情】

 ここ数年、会員拡大にも力を入れて活動してきており、昨年度は大きく拡大をすることができました、この流れを途切らすことなく本年も会員の拡大には、積極的に取り組んでいこうと思います。現在の笠間JCを見てみると、入会3年未満のメンバーが会員全体の約40%を占めているという、とても新鮮で活気があるのと同時に、これまで引き継がれてきた古き良き伝統を伝えることが、難しい状況でもあるのではないかと危惧しております。昨年、我々は創立45周年を迎え、更なる50周年に向け新たな一歩を踏み出そうとする、この時に『明るい豊かな社会を築き上げよう』という原点にたち返り、みんなで青年会議所運動の目的、使命とは何であるのか、そして存在価値を学ぼうではありませんか。そして組織の新陳代謝の激しいこの状況こそを、新しい組織進化のチャンス到来と捉え、新しい価値観を持った「笠間JC」を創造していく良い機会にしたいと考えております。言うまでもありませんが、我々青年会議所は、様々な年齢や職業のメンバーと仲間になれる組織ですが、誰もが40歳で卒業を迎えます。この限られた時間の中で、一つの目的に向かいメンバー同士で切磋琢磨することが、深い信頼関係の構築に繋がっていき、それが青年会議所運動の原動力となること、そしてここで育まれた友情は生涯の宝物になるものと確信しております。

【おわりに】

 我々が目標をもち一所懸命に運動を展開しても、目に見えるような大きな変化は決して短期間で起こるものではないと考えます。そして、その目標への近道も存在しません。日々の地道な努力の積み重ねこそが一番の近道になるのだと信じております。また、一人の力や知恵には限界がありますが、仲間の力を結集すれば不可能なことでも可能になると考えます。何度も申しますが、青年会議所へただ所属しているだけでは、学びを得ることはできません。いろいろな場へ積極的に足を運び交流し、意見を交換することで、心の視野が広がり、新たな「想い」が必ず生まれてくるはずです。一人ひとりが持つ、たくさんの熱い想いを詰め込んだ事業を開催していくことが、今とても重要なのではないかと考えます。私も情熱をもって、みなさんと共に学び、共に汗をかき、一年間楽しく活動していきたいと思いますのでご協力をよろしくお願い申し上げます。