笠間ハイスクール会議所 ~選挙と政治と自分~②


笠間ハイスクール会議所 ~選挙と政治と自分~

(実施日時)

2016年7月3日(日) 10:30受付開始 11:00開会~18:00閉会

 

(実施に至る背景)

日本国民が持つ権利の中に選挙権があります。その選挙権を持てる年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げることが2015年6月17日に参議院本会議で可決され、公職選挙法の改定が決まりました。国政選挙では、2016年7月に予定されている参議院選挙から適用されます。しかし学校や市町村では選挙についての教育が十分でないのが実情です。

これからの地域を背負って立つ高校生に、自分達がどのように選挙やその先にある政治に関わって行くのかを、学べる機会が必要であると考えました。

 

平成28年7月3日(日) 笠間市役所議事堂・公民館2F小会議室 11:00~

・1限目

 民主主義の意味

 選挙の意義

 模擬選挙

 民主主義の大切さ

 以上をパワーポイント等を使い委員会メンバーが説明を行う

 座席は高校ごとに分かれる

・昼食

 メンバーと高校生が同じテーブルで食事を行いコミュニケーションを深める

・2限目

 座席をシャッフルし4名5班程度に分かれてもらう

 子供達に以下の二点について話し合い、解決方法を発表してもらう

 メンバーには席に同席してもらい、時間配分や議論の活性化を図っていただく

 1テーマ 話し合い25分、まとめ10分、発表5分×5班

 子供達に話し合っていただく内容

  出生率を上げるにはどのようにしたらいいのか?

  地元から離れた若者を呼び戻すにはどのようなまちづくりが必要なのか?

・3時限目

 事前に提出した質問状(子供達から市に対する要望書)を議会場にて発表し市長に答弁を

 してもらう。

 

2016-06-20 | Posted in 事業予定Comments Closed 

関連記事