2008年度 常設委員長 紹介
戻る

総務広報委員会 委員長

中田 拓也
 

 2008年度の総務広報委員会は、委員長・副委員長・運営幹事がいずれも入会3年以下というフレッシュな顔ぶれとなりました。未熟な点ばかりですが、何卒ご支援ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

 我々は、LOMの基本方針である『目標と意義を見据えたJC運動の展開』を常に意識して委員会活動を行うことで、LOMメンバーそれぞれが何の目的で何の為に活動をしているのか意志統一を図り、その上で総会・例会・理事会への参加を積極的にメンバーへ働きかけ出席率アップを目指します。

 また、地域社会への情報発信も大きな役割と考えております。我々の活動を地元の皆様に理解していただき、より身近に感じて頂くことが今後のJC活動の方向付けや会員拡大へ繋がっていくものと思います。具体的には、対外事業についての各メディアへのPRや地元自治体への協力要請、ホームページ開設による各事業の紹介などを各委員会と連携しながら展開していきます。

 委員会の枠にとらわれず、LOM事業を成功させるため、お互いに助け合いメンバー同士の絆を深めることこそ、地域に根ざした魅力ある団体として認められる第一歩であると肝に銘じて参ります。LOM全体の活動が円滑に展開され、地域の人々と喜びを分かち合うことが出来るよう懸命に取り組んで参ります。



自己啓発委員会 委員長

和久井 周一
 

 現在、都心部および大企業においては景気回復の兆しが見えてきたようですが、我々地方の零細企業はまだまだ低迷した状態が続いているところも少なくないのではないでしょうか。

 この経済状況の中で我々が生き抜いて行くには、大企業に押されないだけの経営力の向上が必要です。そのための研修や例会を開催していきますが、経営の手法等のセミナーのみに拘らず、自己啓発委員会の名が示すように我々自身が人として、経済人として考える力、行動する力を高めていけるような研修事業を実施したいと思います。そういった自己の能力・指導力の向上、地域に対する積極的な行動、メンバー同士の連携と信頼、それら我々の人としての成長が経営の向上にも繋がるものと考えます。

 また、昨年度はたくさんの新入会員の方々に入会して頂きました。他にはないJCならではの実生活でも役立つ研修を学び、JCとはどういった団体で何が出来るか、さらにはJCが我々の家族達が住むこの地域にいかに貢献していけるかを考える事で、JC活動を「楽しい」と思って頂けるような、更には現役メンバーの方々にも何か「気づき」を与えられるような「楽しい」事業の展開を心がけていきたいと思います。

 委員長という大任ですが、不安な反面、社団法人笠間青年会議所の心強いメンバーと共に事業活動をしていける事を大変嬉しく思います。誠心誠意、頑張って取り組んでいきます。皆様、何とぞご協力のほど宜しくお願いいたします。



青少年育成委員会 委員長

田中 正紘

 

 青少年犯罪の低年齢化、その内容が問題とされて久しくなります。現代社会においては物質的な豊かさの追求が優先されがちで、心の豊かさの追求は蔑ろにされがちなことが重要な要因の一つだと思います。では、「心の豊かさ」とはどういったことをいうのでしょうか。該当することはたくさんあると思いますが、私は相手を尊敬する心を持つことや思いやりの心を持つことを重視したいです。そうしたことを念頭に置きながら、青少年育成委員会として子供達の心の豊かさを育むことのできる事業を開催できればと考えています。

 また、「わんぱく相撲」や「ちびっこオセロ大会」といった青年会議所ならではの地域に根ざした青少年育成事業にも携って行きたいと思います。1年間頑張っていきますのでご協力よろしくお願いします。



会員開発委員会 委員長

田中 邦治

 

 会員開発委員会では、会員拡大、会員開発、家族例会、卒業例会の四本柱を中心に一年間活動してまいります。

 まず全国でも青年会議所メンバーの減少が問題になっている中、(社)笠間青年会議所でも深刻な問題の一つになっております。今後数年での卒業生の数を考えると本年も多くのメンバーを拡大しなければLOMの事業運営も厳しい状況になってしまいますので会員拡大は大切な事業と考えております。理事長所信にも有りますが、我々メンバーがJC活動を深く理解し、しっかりと明確なビジョンをもち、何の目的で何のために活動をしているのかの意志統一をしていかなければならないと思います。その点をEn(縁)によって知り合ったメンバー同士が考える事で会員開発にも繋がると考えております。

 日頃JC活動に御理解・御協力を頂いておりますメンバーの家族に対しても、日頃の感謝の気持ち、おもてなしの気持ちを込めて家族例会を開催し、今後のJC活動にも更なる御理解をして頂けるようにし「家族との輪」「メンバーとの輪」も深めて頂きたいと思っております。

 また(社)笠間青年会議所の歴史を築き上げて来られた卒業生七人に敬意を表して、心に残るような卒業例会を開催させて頂きます。 

 最後に「修練・奉仕・友情」のJC三信条で新入会員を多く入会させられるように委員会メンバーを中心にLOM一丸で頑張って行きましょう。



西茨城100km徒歩の旅実行委員会 委員長

岡村 雅樹
 
 

「子ども達には、素晴らしい力があります。」

しかし今、その力を潰してしまってはいないでしょうか。

 教育現場では、教師のモラル・気質が問われ、地域では人と人の関係が希薄になり、コミュニケーションを取らない風潮ができ、家庭では、親が子と向き合う事を行わない状態が多くなってきました。そういう状況の中で、一部の子供たちにもコミュニケーションをとる事を苦手とし、自ら考え、行動することが不足しているように思います。我々、地域に根ざした活動を青年会議所の役割として、地域の子ども達に、「豊かな心」「協調性」「助け合いの心」「忍耐力」等々の、すなわち「人間力」を育んでもらえる様な活動をしなくてはいけないと思っております。

 今年、西茨城100km徒歩の旅2008は4回目をスタートします。今年は新たな気持ちで100km徒歩の旅の事業を行って行きたいと思っております。過去うまく行ったことは継続し、反省点は改善し、よりよい西茨城100km徒歩の旅2008にしていきたいと考えております。そして、参加した子ども達が一歩でも、半歩でも変わってもらいたいと思っております。

 そのためには、一人でも多くのボランティアの集め、研修会を充実させ、8月に向けてモチベーションを高め、一致団結し最高の状態で本番を迎えられるよう頑張って参ります。

 そして100km徒歩の旅が掲げている子供達の「生きる力の醸成」をボランティアスタッフ・JCメンバー全員で「出来る・出来る・必ず出来る」の精神で行ってまいります。そして、最後には全員で感動を分ち合い、この旅を「En-Joy」できるよう行って参ります。