はじめに

私たち(社)笠間青年会議所はいつの時代も「明るい豊かな社会づくり」を目指し活動してまいりました。そしてこれは、 社会全体が目指すところでもあります。近年この「豊かな社会」を目指し様々な団体が活動をしている中で、今こそ時代の変化の流れを感じ、我々自身が生き生きと輝く時ではないでしょうか。

世の中全体を変えることは簡単なことではありませんが、自分自身は自己の意思によって変えることができます。変化を求め、自らの考えや価値観をメンバー同士語り合い、切磋琢磨し、その輪を(社)笠間青年会議所全体に広げていけば、「明るい豊かな社会」や「魅力ある存在意義のある(社)笠間青年会議所」を作り上げる事が必ずできると信じます。

青年会議所活動について

JCは個人の意志や、与えられた目的を積極的に挑戦し続けることで、自身の大きな成長につながる場所であると私は考えます。その時の自分に与えられた立場において、前向きな気持ちで取り組むことが重要です。時には、メンバーと意見が対立する事が有るでしょう。また、思ったような成果をあげられない事もあるでしょう。しかし、意志や目的を持って行動し、その結果導きだされたものは、決して無駄になる事はないはずです。またその行動は、個人の資質の向上に大きく役立つことと強く私は信じます。


皆さん、積極的にJC活動に参加して下さい。参加することで多くの気づきを得ることができ、自己成長に大きく繋がっていくものと考えます。

地域交流と法人改革

公益法人法の改正により、今後の我々の事業展開には、さらなる「公益性」が求められ、地域住民に対しても「有益」となることが重要な要素となってきます。将来的には対外的な事業を増やし、充実を図ることが更に求められてきます。

このような状況下で我々が取り組まなければならない課題として、未来に向けたビジョンを掲げ、事業のコンセプトをしっかりと確立し再認識することが必要です。またこのビジョンやコンセプトをメンバー全員が理解することは、公益性を念頭においた事業の展開を可能とする基礎となり、組織としての新たなステップアップをも可能にするはずです。そして将来的に展開する事業が、まちづくり運動の一環として行われ、地域住民の「まち」への意識を育て、利他の精神をもった「ひと」を生み出す「ひとづくり」となるよう組織を進化発展させることは大変に重要であると言えます。

「ひと」によって「まち」がつくられ、そのまちから新たな「ひと」が生まれてくると考えます。

また、対外事業を中心とした運動を地域に発信することは、地域住民との直接的なふれあいとなり、メンバーにとっても、そして地域住民にとっても相互作用の中で多くのプラス効果を生み出してくれます。その為に、まちづくりには自らが信念をもって地道に運動を継続し、共に汗を流し実践することが必要です。また、その運動を広く地域にPRすることが大変重要であります。

メンバー一人ひとりが「地域交流」に対する意志と創造を語り合い行動し、そしてそれによってもたらされる結果が「まちづくり」の新しい環境づくりとなるよう、一年間共に進みましょう。

未来を担う子供たちについて

いじめや自殺、犯罪の低年齢化、そして子供たちが無差別的な事件の被害者となる等を目の当たりにして、このままでは日本の子供たちの未来はどうなるのかと、不安を感じずにはいられません。

なぜ、そのような世の中になってしまったのでしょうか。

私は、相手を思いやる心や、お互いを敬い感謝する心が薄れ、個人主義に走りがちになり、コミュニケーション不足による理不尽な身勝手さ等が原因ではないかと考えます。子供の自主性や個性を尊重するのも確かに必要ですが、物事の道理をしっかりと理解させていなければ、それは単なるわがままにすぎないのではないでしょうか。

その点からも倫理道徳感について真剣に考えていかなければなりません。

また現在、「学校教育」や「家庭教育」は盛んに行われていますが「社会教育」はどうでしょうか。学校や家庭で学んだことを社会の中で生かしているといえるでしょうか。また、そういった機会が与えられている状況でしょうか。

このような時代環境の中で、我々が青少年育成事業を開催する事は、地域にとっても、子供たちにとっても、大変有意義なことであり、子供を社会的・肉体的・精神的にも大きく成長させてくれるものだと私は考えます。

わんぱく相撲やオセロ大会においては、勝ち負けにこだわる姿勢も必要ですが、勝った者も負けた者も最後はお互いに一礼をして終わるという、相手を敬う気持ちが重要なことです。

西茨城100km徒歩の旅では、自ら課題を見つけ、学び、考え、主体的に判断し問題を解決する能力を育むことによって「生きる力」を醸成し、苦しい時は団員同士助け合い、また5日間サポートしてくれる人への感謝の心を持つことが大切です。

そういった様々なことを、事業を通し子供たちに学んでもらい、そして我々メンバーもその中から地域の子供に対する愛情や、自分たちのおかれている立場というものを感じ、また地域への(社)笠間青年会議所のアピールの場、そして地域住民とのコミュニケーションの場として有効に活用して頂けたらと思います。

次代を担う子供たちの健全な成長を願い、青少年育成事業に取組んで参りましょう。

会員拡大について

青年会議所を取り巻く環境や価値観が変化していく中で、会員の減少や会員数の伸び悩みは重要な問題の一つです。

それは(社)笠間青年会議所においても例外ではありません。

では、会員拡大のためには何が必要なのでしょうか。それは、私たちの(社)笠間青年会議所が、生き生きと光り輝く魅力ある団体であるということを、メンバー自身が認識することが必要であると考えます。その為にも、会員一人ひとりが個性と創造性を養い、活動の中で互いに惹き付けあう人間的な魅力を出し合うことが大切です。その結果、周囲(地域) の仲間も共鳴し、ひいては会員の拡大にもつながると思います。

一人でも多くの会員拡大を目指すには、一人でも多くのメンバーの活力(エネルギー)が必要です。

会員拡大は一つの事業という意識をメンバー全員で感じ、未来を見据えた行動と計画を期待します。

おわりに

華々しくスタートした21世紀も、混沌とした時代の中にあります。地球温暖化や異常気象による環境の変化、燃料や食物の高騰、資本力に翻弄される経済と前例の無い時代へと突入してまいりました。

しかしそんな時代だからこそ、青年会議所としての存在が重要となってくるのではないでしょうか。

我々青年会議所メンバー一人ひとりが世の中の変化を感じ取り行動にすることによって、少しでも世の中に明るい陽射しを注ぐことを希望します。

閉塞感の漂うこの時代に、自らが先頭に立ち、時代の先駆者となり、創造の先駆者となるよう行動して行きましょう。

(社)笠間青年会議所の行動が、自分たちを、そして未来を輝かせることを願って…。