その他事業

2009年11月20日

11月例会「未来予想図~私たちの笠間JCについて~」

 今回は、多くのメンバーにさまざまな意見を頂くという事を目的に常設委員会合同例会として開催いたしました。

  例会内容を3部構成とし、第1部では「JCの魅力とは」をテーマに、大本委員長をコーディネーターとしてメンバーを6チームに分けて、執行部の方の進行の下TQCを行いました。各テーブルではいろいろな意見が出されていたようでしたが、時間の都合上、2チームの方に発表して頂きました。1チーム目は、「交流」、「成長」、「遊び」、「仕事」、「マイナス面」、2チーム目は、「人脈」、「人間力」、「チャレンジ」、「仕事」、「事業」、「喜」という言葉が出されました。
   第2部では、新名委員長が笠間JCメンバー数の推移動向などについて説明を行いました。現在の笠間JCメンバーの年代別分布は、34歳~37歳が33パーセントと一番多く、次いで38歳~40歳の32パーセントであるということ、また、新入会員が少ない場合の暗い未来予想図と会員拡大を行い新入会員が多い場合の明るい未来予想図との比較から会員拡大は、ロム全体としての急務であるということを再認識して頂けたでしょうか。
   第3部では、中田専務と田中会計が法人改革についての説明と事前アンケートの結果発表を行いました。「貴方は、公益社団法人・一般社団法人どちらを選択すべきですか?」という質問では、一般社団法人31名、公益社団法人13名、その他7名という結果でした。また、「全国の青年会議所の大半が、公益社団法人を取得した場合はどうしますか。」という質問では、一般社団法人24名、公益社団法人21名、その他6名という結果でした。その中に、一般社団法人を選択した理由として、「比較的自由度のある一般社団法人を選択し、自由に自分達のやりたいことを行うべき」や「現時点で必要性を感じない」また、公益社団法人を選択した理由として、「JCの設立理念から考えて」や「公益法人格を取得したLOMから下に見られそう」という意見がありました。
   笠間青年会議所として、「今後どのような事業をしていくべきか?」や「どのような点を変えていくべきか?」という質問には、「メンバーが興味をもったこと何でも、可能性は無限大」、「面白いとはどういったことか、魅力ある事業とはどういったものかを原点に立ち返って考えてみる」、「もっとお金がかからないようにしてほしい」、「メンバー同士ちぐはぐな面を感じる時があるので、自分達が何のためにこの団体に入ったのかを熱く語り合ってまとまっていければよいなと思う」などその他多くの意見がありました。 この様なメンバーのいろいろな考えや熱き想いを今後の魅力ある笠間JCの活動へと繋げて頂ければと思います。
   会員拡大にしろ法人改革にしろ何にしろ、メンバー全員で大いに議論を交わし、共通認識を持って共に行動し、共に汗を流し、共に感動することで生まれる「心友」を増やし、それが大きな輪になることでLOMの活力が増し、全ての事業がより力強く行えるのではないでしょうか。
091120reikainov.JPG


2009年7月11日

第2回会員会議所会議&関東地区大会in横須賀

7月11日(土)に横須賀市の「ヨコスカ・ベイサイド・ポケット」にて『第2回会員会議所会議』並びに『関東地区大会in横須賀』が開催されました。
当LOMからは中村理事長と中田専務が出席いたしました。


関東地区大会では、本年度茨城ブロック会長(つくばJC)の高田君が次年度の関東地区会長に選ばれました。

また、関東地区大会を土浦JCが主管することになりました。来年度の茨城は賑やかになりそうです。

また、同大会では、市民ミュージカル劇団の皆さんの演技もあり華やかな雰囲気の中、「未来フォーラムin横須賀」と銘打ち、一般の方を多数集めておりました。また、小泉元総理の講演もあり大変意義深い大会となりました。

20090711yokosuka.jpg

2009年5月23日

大洗青年会議所25周年 塩沼亮潤大阿闍梨 記念講演会

2009年5月23日(土)、大洗町文化センターで行われた、大洗青年会議所25周年事業「塩沼亮潤大阿闍梨記念講演会」に中村理事長・中田専務・古室君・山口君・大本君・木村君の6名で出席して参りました。
講師の塩沼亮潤大阿闍梨は、吉野山の1300年の歴史の中で、満行されたのは二人目という大変な荒行「吉野の千日回峰行」を11年かけて達成されたそうです。


090523oarai.jpg

千日回峰について調べた所、WikiPediaに記述がありましたが、一読しただけで常人では真似することのできない荒行であると思います。(塩沼亮潤大阿闍梨は、比叡山ではなく、奈良の吉野山で行ったそうです。)

2009年1月25日

京都会議

1月22日から25日まで開催されました(社)日本青年会議所・京都会議に、(社)笠間青年会議所からは13名のメンバーが行ってまいりました。 京都会議では、『日本JC通常総会』、『日本JC新年記念式典』、『関東地区会員会議所会議』、『石材部会総会』、『全国100km徒歩の旅キックオフ』、『わんぱく相撲説明会』、『公益法人法セミナー』など、各種会議・セミナー・懇親会が多数開催されました。 アルバムでは、参加したメンバーの写真から、選んだものを掲載しております。こちらもぜひご覧ください。 京都会議

2009年1月10日

第34回笠間市近郊中学生バレーボール大会

笠間市近郊中学生バレーボール大会の開会式に参加して参りました。
参加チーム12校で笠間・桜川市内の中学校を始め遠くは佐野の中学校も参加されておりました。
中田専務と参加してきたのですが会場に入った瞬間、中学生の熱気あふれる練習風景に二人とも圧倒されてしまいました。また、34年間続いているこのバレーボール大会の歴史について話を伺って、我々の先輩が築き上げてきた苦労を痛感する事が出来ました。
また、34年前に作られてであろう優勝旗はとても重いものを感じました。(岡村)

笠間JCの歴史を感じる優勝旗

  • 1